Blockmason開発者 Devin Canterberry氏への独占インタビュー|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  リサーチレポート一覧  Blockmason開発者 Devin Canterberry氏への独占インタビュー

Blockmason開発者 Devin Canterberry氏への独占インタビュー

Q.これまでの経歴も含めて、自己紹介をお願いします。

「こんにちは、私はDevin Canterberry(デヴィン・カンタベリ)です。シアトル在住で、Blockmasonには5年携わっています。元々ソフトウェア業界に11年間籍を置いており、ここで様々なマーケットや技術畑を周り、ジェネラリストとしての経験を自主的に積みました。その中でも、私が情熱を注いでいるのは、セキュリティとソフトウェア開発における職人技です。ブロックチェーン産業はこの2点が急所となっており、思想的リーダーを必要としています。この業界が広く普及し、より安全で、使いやすいものになるために、Blockmasonは業界を引っ張っていくつもりでいます。」

 

Q.Please introduce yourself, what kind of career has lead you here

Hi! My name is Devin Canterberry. I live in Seattle, WA, and I have been with Blockmason for five (5) months. I have been in the software industry for 11 years, where I have pursued the path of generalist across a variety of markets and technology areas. Among my true passions are security and software craftsmanship. I see the blockchain industry aching in both of these areas and in need of thought leadership. Blockmason is well poised to lead the industry toward greater adoption, better security, and most importantly, better usability.

 

 

Q.開発チームの構成をお聞かせください(どのようなエンジニアが、何名いるのか)

「チームは今、3名のジェネラリストで構成されており、主にLndrモバイルアプリのクライアントとサーバー面をサポートしています。もちろん、開発者やエンジニアを追加で雇うための活動もしていますよ。

Blockmasonのエンジニアチームを組成する時、私はこれまで業界で培ってきた経験とチームのために働いてきた経験を参考にします。例えば、開発の邪魔をしない軽量なプロセッサーやツール、製品に終始一貫して責任を持つカルチャー、サーバントリーダーシップ、多様な文化観が共存する組織の壁を取り去ること。こうしたことを実際のチームマネジメントに活用しています。その成果は、私の関わってきたチームが『職場におけるベストプラクティス』リストの高位に常に掲載されていることからも、伺い知ることができます。」

 

Q.Please tell us the current development team structure (What kind of engineers, how many people?)

The team currently consists of three generalists, primarily supporting the LNDR mobile app on the client and server. We are also in the process of hiring additional developers and engineers.

When building out our Engineering team at Blockmason, I reflect on my years in the industry and what has generally worked for the teams I have been a part of. Lightweight processes and tools that don't get in the way... a culture of end-to-end product ownership... servant leadership... and breaking silos through cross-functional groups. I have put these ideas into practice before in a prior role, in a culture that has earned that company consistently high placement in "Best Places To Work" lists.

 

 

Q.クレジット・プロトコル開発における課題や壁にはどのようなものがありましたか。

「クレジット・プロトコルは、価値を提供する可能性を秘めているエコシステムのほんの一部にすぎません。きっとこのプロトコルは、フィンテックソフトウェアがどのように負債を記録するか、その方法論に統合されていくことでしょう。最も大きな挑戦は、普及させることです。これの実現に向け、フィンテック業界の開発者向けのマーケティング活動や、ドキュメントやSDKといった開発ツールの提供、統合を簡略に実行できるようなサポートを行なっています。アプリケーションはクレジット・プロトコルを利用可能にするために必須です。より頻繁にクレジット・プロトコルが使われれば、より使いやすいものになっていくでしょう。」

 

Q.What are the difficulties and challenges in developing credit protocol?

The Credit Protocol (CP) itself is just one piece of an ecosystem that has the potential to provide value. Optimally, it becomes an integral part of how FinTech software records debt. The biggest challenge, then, is adoption. For that, we focus marketing efforts toward FinTech developers and provide tools, documentation, SDKs, and support to help ease integration as much as possible. Apps make CP usable. The more apps using CP, the more useful it becomes.

 

 

Q.開発ロードマップについて、お聞かせください。

「複数の通貨を使って借り貸しを解消する機能を、Lndrに搭載しました。Paypalとの統合や、グループでの決済、法定通貨での貸し借り清算機能が実装されています。常にユーザーの声を聞き、開発の方向性を決める上で参考にしています。Lndrは我々にとって非常に重要なアプリで、コンセプトを形にしたプロダクトという位置づけから、友人間での割り勘や負債の記録を取るデファクトスタンダードにしていきたい、と強く願っています。

 

Lndr開発マップは、下記のようになっています。

 

2018年7月下旬〜8月 :法定通貨での清算機能実装。負債の帳消しや借用証明を法定通貨で実施可能

2018年8月〜9月   :グループ内での負債や借用証明がLndrで可能に。例えば、複数の友人に対して借り

            を作っていたり、多額の支払いを複数人で割り勘していた場合、まとめて帳消しにで

            きる機能です。

2018年10月〜11月   :他の暗号通貨での清算オプションをLndrで選択可能になります。これにより、ETH

            以外の暗号通貨でも負債を帳消しすることができます。

2018年第四四半期後半 :オンチェーンおよびオフチェーンデータに基づいた信用スコアリングが、Lndrの機

            能に追加されます。これにより、ユーザーの信用スコアをアプリ上で確認すること

            ができます。このスコアは、様々な要素によって構成されており、そのユーザーが

            どれだけ信用できるのかを数値で確認することができます。」

 

Q.Please tell me the development roadmap

We just released cross-currency settlement for Lndr. PayPal integration is coming soon, followed by group settlement and other kinds of fiat currency settlement. We're always listening to user feedback, too, to guide what we build. We aim to elevate Lndr from proof-of-concept to the de-facto standard for splitting bills or recording casual debts among friends.

 

Here's a quick look at the Lndr roadmap:

 

Late July/August 2018: Fiat currency settlement comes to Lndr. This means that you will be able to settle casual debts and IOUs between friends using fiat currencies.

 

August/September 2018: Group debt/IOU settlement comes to Lndr. For example, if you have a shared debt between a group of friends or want to split a large payment, you will be able to settle as a group.

 

October/November 2018: Other cryptocurrency settlement options come to Lndr, which means support for settling debts and IOUs in cryptocurrencies outside of ETH.

Late Q4 2018: Credit scoring based on on-chain and off-chain data comes to Lndr. This will allow for displaying a credit score for a user, based on a variety of factors, ensuring that you know how "creditworthy" someone is.