Blockmason代表 Michael氏に独占インタビュー!|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  リサーチレポート一覧  Blockmason代表 Michael氏に独占インタビュー!

Blockmason代表 Michael氏に独占インタビュー!

Q.これまでの経歴も含めて、自己紹介をお願いします。

「私は、シアトルで育ち、セントルイスのワシントン大学のファイナンスと会計を専攻し、優等生として卒業しました。卒業後はニューヨークにあるJPモルガンの最も主要なメザニンクレジットファイナンスグループをはじめとして、クレジット業界でのキャリアを積みました。その後、香港にあるJPモルガン証券のグループ会社、シンジケート・アンド・レバレッジド・ファイナンス・グループに移籍。そこではアジアの発行人(振出人)をサポートし、投資の格付け、ハイイールド債、シンジケートローンに従事し、その後、Intermediate Capital Groupに移った後は株式を利用したファイナンスローンを組成・提供する業務にマネージングディレクターとして携わりました。」

 

Q.Please introduce yourself. What kind of career has lead you here.

After growing up in Seattle, I attended Washington University in St. Louis where I graduated magna cum laude with degrees in finance and accounting. After college I spent my entire career in the credit industry, beginning with J.P. Morgan’s principal mezzanine credit investment group in New York. I moved on to JPM’s Debt Capital Markets and Syndicated Leveraged Finance group in Hong Kong, helping Asian issuers with investment-grade, high-yield debt and syndicated loan offerings. I later joined Intermediate Capital Group and subsequently served as Managing Director of Constance Capital originating and executing share-backed financing loans.

 

 

Q.クレジットプロトコルを開発するに至った経緯をお聞かせください。

「多くのスタートアップと同様に、友人間で解決しようとしていた問題からクレジットプロトコルは生まれました。当時、Blockmasonの創設者と共に頻繁に出張しており、その度に、航空券代、食費、宿泊費などの分担する支払い金額をスプレッドシートを使用して管理していました。これには多くの時間と煩わしさがあったため、ストレスなく支払いを割り振る方法を模索していました。その頃、全員がブロックチェーン技術に興味があり、この技術をどのように生かしたら、このような問題を解決できるのか?という問題意識がありました。その答えとして私たちが開発したもの、それがクレジットプロトコルです。」

 

Q.Why did Blockmason want to develop the Credit Protocol?

Like many startups, the Credit Protocol came out of a problem that a group of friends was trying to solve. At the time, I was traveling with the other Blockmason co-founders, and we spent a lot of our time trying to split up all of the shared expenses that we were incurring. Flights, meals, hotels, Airbnbs and other costs. We ended up investing a lot of our energy in maintaining a spreadsheet and inputting all of these costs so we could settle up with each other. It was very tedious. As we all had an interest in blockchain technology, we asked ourselves how we could use blockchain to solve this problem that we were having. The Credit Protocol was the result.

 

 

Q.クレジットプロトコルを利用することで、どのような問題が解決できるのか、お聞かせください。

「クレジットプロトコルは、情報を記録する方法やメカニズムをまとめたものです。これを利用することで、相互に承認された負債や債権義務(借りを返す必要性のこと)をブロックチェーン上へ記録することができます。ブロックチェーンの分散された公共性、そしてセキュリティ、柔軟性を考慮に入れると、このプロトコルは「信用情報(クレジット)を民主化するもの」といえるのでしょう。」

「クレジットプロトコルのコンセプトは、”取引(やりとり)の参加者間で発生する負債と信用を記録する”と非常にシンプルです。しかし、これが全てではありません。クレジットプロトコルを使用する開発者は独自のルールを設定し、様々な債務(負債)、取引当事者、担保条件などに応じるユースケース権限契約を作成できます。そうすればこのクレジットプロトコルがピアツーピア抵当や分散されたローンなどの使い方も想像できます。現在、パートナー会社がこのプロトコルを使用して、医療費やオンラインのギフトカードのシステムを開発しています。つまり、クレジットプロトコルをどのように活用するかは、開発者の想像力次第なのです。言い換えると、クレジットプロトコルは非常に柔軟なのです。」

 

Q.What problems does Credit Protocol solve?

The Credit Protocol is a standardized, secure and reliable way to record and permanently store mutually-confirmed debt or credit obligations on the blockchain. Given the decentralized, public nature of the blockchain and the security and flexibility that it offers, we see the Credit Protocol as the "democratization of credit."

The Credit Protocol itself is a simple concept: it records debts and credits between parties. However, this is just a starting point. A developer can build their own set of rules into a Use Case Authority Contract which can include types of debts, which parties can transact, collateralization requirements and more. So the Credit Protocol can be used for any kind of debt recording, from a peer-to-peer mortgage lender to decentralized auto loans. We have a couple of outside partner companies building health care cost settlement and e-commerce retail gift cards using the Credit Protocol. So the problems that the Credit Protocol can solve are only limited by the developer’s intentions. It's very flexible.

 

 

Q.開発する中で明らかになった課題、壁には、どのようなものがありましたか。

「新しい技術を学ぶ上では、つまずくポイントや新たに勉強できるところが出てきます。特にブロックチェーン業界でよく見かけるのが、単なるアイデアやホワイトペーパー以上のものが存在しないスタートアップや起業家がいることです。その問題に対して我々Blockmasonは、ユーザーが実際に試したり使ったりできるアプリケーションをリリースすることにコミットしています。私たちが開発した『Lndr』(iOS、Androidで利用可能)のようなアプリケーションの開発に責任感を持って取り組んでいます。クレジットプロトコルを提供することを通じて、我々のエンジニアチームはモバイルアプリケーションに新しい機能を追加し、世に送り出すことを求められています。CTOのDevin Canterberry氏が率いるこのチームは、常に期待を上回る働きを見せてくれています。修正すべきバグを見つけつつ、新しい機能を追加するのは、とても挑戦しがいのある課題です。

さらには、私たちのコントロールが及ばないところで発生する挑戦とも向き合っています。たとえば、クレジットプロトコルではイーサリアム・ブロックチェーンに情報が記録されます。これはつまり、ユーザーがブロックに情報を記録するたびにガス値が発生するだけではなく、一定時間の待ち時間が発生するなど、他のイーサリアム・プロジェクトが抱えるスケーラビリティ問題にも直面している、ということです。」

 

Q.What were some of the problems or difficulties that became evident during your developmental journey

As with any new technology, there are going to be some roadblocks and learning opportunities that arise in development. With blockchain, in particular, there are a lot of startup companies and entrepreneurs competing for attention, many of whom are operating with nothing more than an idea or a white paper. At Blockmason, we have committed to delivering functional applications that end users can test and interact with before anything else. This means that we are responsible for developing apps like our mobile app Lndr, which we have made available for both iOS and Android. So on top of delivering robust blockchain technology in the Credit Protocol, our engineering team is tasked with also delivering new features for a mobile app. We have a great team under our CTO Devin Canterberry who have continued to exceed expectations. But picking which bugs to fix, in what order, along with which new features to prioritize is always challenging.

Further, some of the challenges that we have encountered are outside of our control. For example, the Credit Protocol records data to the Ethereum blockchain. This means that users are subject to the same block recording times, gas prices and scalability challenges that other Ethereum-based projects face.

 

 

Q.3年後のビジョン、どうなっていたいかをお聞かせください。

「変化と進歩のスピードが速い業界で3年後を予想するのは、とても難しいことです。Blockmasonはブロックチェーン技術の基幹技術を担う企業です。私たちのビジョンは、インターネットが私たちの生活にとって必要で重要なものになったのと同様に、ブロックチェーンをその地位するために必要な基幹技術の開発と貢献です。ブロックチェーンが将来において、非常に重要なものになることであることは自明です。その業界に、私たちは業界を前進させる役目をもってここにいるのです。」

 

Q.Please tell me what you envision 3 years ahead

It's challenging to look three years ahead in an industry that is changing and evolving so quickly. As Blockmason is a base-layer blockchain technology company, our vision is to continue to build and contribute to the foundational technologies that will make blockchain as prevalent and useful as other significant innovations like the Internet. We know that blockchain will be of critical importance in the future, and we are here to do our part to move the industry forward.