スマートコントラクトの可能性を広げる「オラクル」とは?|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  スマートコントラクトの可能性を広げる「オラクル」とは?

スマートコントラクトの可能性を広げる「オラクル」とは?

2019.02.22

コラム

スマートコントラクトの可能性を広げる「オラクル」とは?

実用化に向け動き出したスマートコントラクト
インターネットの登場は、人々の生活スタイルを根本から変えるほどの大きなインパクトを与えるものとなり、いまや日々のあらゆるシーンで欠かせない存在となっています。そうしたインターネットに匹敵する影響力と可能性を秘めた革新的技術として、ブロックチェーンが注目されています。

ブロックチェーンに関しては、それを基盤技術とする仮想通貨などが先行して認知度を高めていますが、ビジネス現場や公共サービスなど社会インフラとして活用していく上では、スマートコントラクトと組み合わせた利用が中心になるとみられ、すでに実用化の動きも一部で始まりました。

ブロックチェーンとスマートコントラクトが生み出す仕組みは、これまでのような中央集権的階層構造によらず、特別な権限をもった管理主体やリーダーの存在しない組織を実現させ、皆が対等な関係にあるP2Pネットワークのもと、第三者を介在させないで、トラストレスにあらゆる契約の自動実行が安心・安全に、確実に行える点を最大の特徴としています。

契約のプロセスが全自動化されたそのシステムは、人を介さないことで恣意性や曖昧性、不正リスクを排除し、あらかじめ全体の合意のもとプログラミングした契約内容を、条件が満たされた段階で必ず最後まで履行させるという、コンピュータならではの強みをもっています。

ブロックチェーンベースとすることで、高い耐改ざん性や障害に強い安定性、優れた透明性なども得られ、従来必要だった信用コストを削減しながら、契約取引をより柔軟に、スピーディに実行可能としていくことから、今後は、これまで想像もしなかったような新しい価値や、難題への有効な解決策を、現実社会にもたらしていくと期待されます。

こうした期待のブロックチェーンとスマートコントラクトですが、なお発展途上の技術概念であり、実用化に向けた課題も多くあるのが実情です。そうした中、デジタル空間にあるこのシステムとリアルな社会との橋渡しになり、現実的に応用用途を広げる有用なものとして「オラクル」が注目され始めました。今回はこの「オラクル」について、詳しくみていくこととしましょう。

社会からのお告げ?「オラクル」とは何か
「オラクル」(Oracle)とは、ブロックチェーンのネットワーク外部にある世の中一般の情報やデータを取得し、ネットワーク内に提供するシステムのことです。スマートコントラクトの契約条件を含む内容は、あらかじめ明確に定義し、プログラミングしておくもので、その本性上、将来変化する外部情報を含むことができません。

しかし、実際に運用していく上では、「2020年の2月1日に~となったらコインを支払う」とか、「気温が何度になったら」、「相場が~円になったら」といった前提の条件で、そこから導かれた結果や約束事項を出力、実行するといった利用が考えられるでしょう。

ところが「いつ2020年2月1日になったか」という情報や、気温のような天候情報、相場情報など、現実世界にかかるデータは、ブロックチェーンの外にあるものであり、内部に届けて知らせる仕組みがなければ、機能させられません。そのためオラクルが必要なのです。

Oracleという単語は、もともと神託や預言といった意味をもちます。スマートコントラクトを機能させるブロックチェーンのネットワーク内では、まさにこれによってもたらされた情報を、“神のお告げ”のように皆で信用し、正しい法、コードの一部として適用することになります。

オラクルの種類と課題
このように、オラクルからもたらされた情報は、ネットワークシステムにおいて疑いの余地のないものとして取り扱われるところとなりますから、正しい情報源から得られた信頼性の高い情報、精度の高い、正確なデータであることが強く求められます。

しかしどんな工夫を施しても、“絶対”ということはあり得ませんから、やはりオラクルの情報・データも間違いである可能性は残ります。この“正しさの確保”をどうするかが、オラクルの大きな問題であり、課題です。

オラクルには、大きく分けて2種類のタイプが存在します。ひとつは集中型オラクルで、もうひとつが分散型オラクルです。

集中型オラクルは、あるひとつの特定された管理主体によって管理されているもので、必要な外部情報を効率よく集め、ブロックチェーンへともたらします。よって、ここでは管理主体という第三者が責任をもって情報の正しさを担保することになります。

管理主体は配信する情報に誤りがないよう細心の注意を払う必要があることはもちろん、サイバー攻撃により不正に改変された情報がブロックチェーンへ流れるといった事態が発生しないよう、高度なセキュリティ体制による管理・運用システムを構築しなければなりません。

これに対し、分散型オラクルは、参加者全員によって分散管理されるものです。ブロックチェーンと同様、特定の管理主体がなく、障害特異点が存在しないため、ハッキング被害のリスクは大幅に低減されます。

一方で、正しい情報をどのように多くの情報源から収集し、確定させるか、参加者を正確な情報収集活動へと誘導するインセンティブ設計をいかに行うかという点が、非常に難しいものとなります。

十分なインセンティブが信用性の高い情報収集活動に与えられれば、理想的な循環が生まれる可能性はありますが、仮想通貨のような取引も発生していないため、手数料などインセンティブの財源となる部分がなく、継続的運用が可能な設計に難しさが残るのです。

いずれのタイプのオラクルでも、情報の信用性、正確性とコストがトレードオフの関係になると考えられます。多くの参照元に支えられた信用度の高い情報、不正を許さない攻撃にも強い仕組み、どちらも高度に求めれば求めるほど、コストも増大してしまいます。この根本的な問題とどう向き合うか、いかにして現実的な解決策を提示するかが、オラクルの大きなポイントになるでしょう。

いかがでしたか。オラクルについて、概要を理解することができたでしょうか。ブロックチェーンとスマートコントラクト、オラクルは、非中央集権的な全く新しい方法で社会を変えていく、大きな可能性を秘めた仕組みです。現時点で課題となっているポイントをいかに改善し、賢く活用していくか、今後においては、まさにその点こそが問われていくとみられます。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像は写真素材 足成より)