仮想通貨取引で知っておきたいRBFとは?|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  仮想通貨取引で知っておきたいRBFとは?

仮想通貨取引で知っておきたいRBFとは?

2019.02.12

コラム

仮想通貨取引で知っておきたいRBFとは?

仮想通貨の問題を緩和させる?RBFの機能
不正アクセスによるコインの大量流出事件や資金洗浄目的での使用に関する問題、大きな乱高下を続ける市場価値をめぐる流動性や投機性、実社会における規制と保護の問題など、仮想通貨(暗号資産)をめぐる問題点の議論は多く、メディアでも頻繁に取り上げられるところとなっています。

まだまだ技術的にもこれからという改善期、発展期の段階にある仮想通貨ですから、乗り越えるべき課題が多いのもある意味では当然のことであり、むしろそうした課題や問題が表面化してもなお、利活用を考えるだけの意義と将来性がある、社会的メリットが存在することに注目すべきともいえるでしょう。

先に挙げたような問題点の他に、仮想通貨では運用面として、取引の確定(承認)に時間がかかること、店頭オンライン決済などの手段としては致命的なレベルに“遅い”という問題がしばしば指摘されています。

これはブロックチェーンを基盤技術とする処理プロセスの結果として、必然的に生じる特色なのですが、利用者の増加に伴い、混雑が発生するようになると、さらに実用的な利便性を大きく損ねるものとなるため、それをカバーするための対応策も提案されてきました。今回はそうした中にある「RBF」とは何か、みていくこととしましょう。

トランザクションを後から置換できる!
「RBF」とは、Replace By Feeの略称で、英語の正式名が示す通り、手数料によるトランザクションの置換を可能とする機能です。ブロックへの帰属が決定し、ブロックチェーンへの記録・取り込みが行われれば使えませんが、それより前の段階ならば、手数料を引き上げることで先に送信したトランザクションデータを取り消し、新たな内容に上書き変更することができます。

仮想通貨では、送金取引として新規にトランザクションを生成し、電子署名を行って投函すると、その情報はまずトランザクションプールに一時保管されます。プールされた中から、マイナーらは任意のものを選択して作業にかかり、取引の検証とブロックの作成に必要な、ある条件を満たす特別な値、ナンスの探索が進められます。

こうしたマイナーのマイニング活動は、いち早く成功した人に報酬が与えられるため、通常、次々と機械的に着手されていきますが、膨大で難解な計算処理が必要になるほか、新しいトランザクションも世界中から絶え間なく送られてくることから、数十分から数時間、場合によっては数日経っても処理されないということがあります。

多くの取引依頼が寄せられ、ネットワークが混雑すると、なおなかなか処理されない、プールされた未承認トランザクションの状態が続くようにもなります。こうした場合の“渋滞回避策”としてRBFが使えるのです。

マイナーにとって、手数料が成功時の報酬となりますから、手数料が無料やごく低額設定になっていると、着手するメリットが見出せないため、どうしても処理を放置したり、後回しにしたりすることになります。そこでRBFは、先に送信したときよりも高い手数料を設定し、再送信することでそのトランザクションを新たなものに置き換え、マイニングの着手を促すのです。魅力的な手数料のトランザクションとなれば、滞っていた処理がすぐに行われる可能性はぐっと高まるでしょう。

ただし、RBFを用いる場合、あらかじめ先の送信時から、手数料が変更される(引き上げられる)可能性がある旨を示すマークをつけておかねばなりません。そうしてRBFを使える準備をし、トランザクションの処理状況に応じて、必要と判断したら実行するという流れになります。

トランザクションは未承認状態では、あくまでも暫定・保留状態で、正式に成立するのはブロックチェーンへの記載がなされてからとなるため、処理が進まず確定できなくて困っているという場合には、このRBF機能がひとつの策として有用になるでしょう。

なお、ネックになるポイントとして、RBFに対応しているウォレットや仮想通貨交換業者が少なめで限られること、決済シーンでのRBF利用を受け付けていないケースもあることが挙げられます。

ひとつの救済策・解決策としてあることを知識として持ち、実際のシーンでは、トランザクションを起こす前に、使えるかどうか確認しておくことをお勧めします。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像は写真素材 足成より)