トランザクションをもっと深く知りたい!送金以外の利用って?|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  トランザクションをもっと深く知りたい!送金以外の利用って?

トランザクションをもっと深く知りたい!送金以外の利用って?

2019.01.28

コラム

トランザクションをもっと深く知りたい!送金以外の利用って?

トランザクションとは?理解を深めて応用へ
ICTが生活の深部まで浸透した今日、インターネットの活用は当たり前のものとなりました。かつてその仕組みが誕生したばかりの頃、おそらくほとんどの人が、これほどまでに社会構造を変化させるものになろうとは予想だにしていなかったでしょう。技術の進展は、私たちの暮らしを、世界を大きく変えていきます。

そうしたインターネットの登場に匹敵するレベルで、これからの世界に影響を与え、新たな社会の有様を構築していくであろうと見込まれるようになったものとして、ブロックチェーンへの注目度は年々増してきています。

ブロックチェーンは、分散型取引台帳とも呼ばれ、特徴を簡単にまとめると、鎖状の構造により堅牢性・正確性を増し、ネットワークに参加する者同士が確かさを保証し合うことによって高い透明度と信頼性を確保しながら、低コストでの安定的な運用を可能にした取引記録の仕組み技術と表現することができます。

この記録技術は、暗号化技術など既存の技術の巧みな組み合わせによって生み出されており、これを基盤として成立、利用が広がってきたのが仮想通貨です。ブロックチェーンといえば仮想通貨とイメージするほど、こちらに親しみがある方も多いでしょう。

ブロックチェーンは、これ以外にもさまざまな領域・用途で活用が期待されますが、基本のかたちは“台帳”で、取引データを記録対象とします。そのため、およそこの取引や取引データのことを指す「トランザクション」は、必然的に重要なワードとなります。トランザクションに対する理解を深めることは、ブロックチェーンを考える上で非常に大切で、避けて通ることのできないポイントなのです。

そこで今回は、さらにトランザクションへの理解を深化させられるよう、その仕様を活かした応用などについて、みていくこととしましょう。

トランザクションのおさらい
先述のように、トランザクションは、大雑把にいうと取引のことであり、中でも送金取引およびそのデータのことを指しています。トランザクションは、まず「アドレスAからアドレスBに指定のコイン量分を送金したい」といったかたちで生成されます。

結果として発生することは、コインの価値移動であり、指定された数量分のコインを自由に動かせる権利、所有権の移転になります。データはその履歴として作成され、ブロックチェーンに記録されるのです。

送金では、このトランザクション生成を行った支払い元の人物が、開始時点で、間違いなくその仮想通貨の保有者(所有権を持った人)でなければなりませんから、秘密鍵による電子署名が求められます。

作成日時のタイムスタンプも含めた署名済みの情報は、アドレスや署名に不正がないことがマイナーらによって検証・確認されると、ネットワークに広く配信され、半永久的に履歴が残るブロックチェーンに組み込まれるかたちで記録されて送金が完了したことになります。

送られると、アドレスBの対象者である人は、新たに送金された分のコインについて、自由に動かせる権利=所有権を獲得したものとなります。このようにブロックチェーン上には、取引が確かにあったことが存在証明として残り、履歴としてたどると、コインが現在どこにどうあるかが分かる仕組みになっています。

送金以外の利用用途とその手法
トランザクションについて、簡単におさらいしましたが、こうした送金取引内容の情報と作成日時のタイムスタンプ、作成者の電子署名という3要素から成るトランザクションは、データとして特殊な一方向関数であるハッシュ関数にかけ、ハッシュ値として出力すると、そのものがブロックチェーン全体で唯一性を示す「トランザクションID」となり、その存在を確かなものと証明したり、必要に応じて探し出したりする際にも、便利なものとして使うことができます。

このような特徴から、トランザクションを価値移動の送金用途そのもので利用する以外に、オリジナルで生み出したコインの定義など短いメッセージを記録したり、特定のデジタル文書に関する存在の証明にハッシュ値の記録目的で用いたりすることも可能です。

これらの場合、実際には仮想通貨(暗号資産)など金銭的価値を有するもののやりとりが目的とはされていませんが、あくまで“送金取引”としてのかたちをとる必要があるため、やや特殊な方法を実行することになります。

具体的にどうするかというと、自分から自分に送金するのです。一瞬、混乱してしまいそうになるかもしれませんが、自分宛てにコイン残高を送るトランザクションを生成して、そこに生じた記憶領域を活用し、残したいメッセージやハッシュ値を添付データとして書き込むのです。

これで取引としては、手数料を除き、そのまま本人に価値が戻ってくるようになり、目的の添付データをブロックチェーンに組み込むことが可能となります。

成功すると、コピーも不可能で耐改ざん性が高く、そのデータが特定の時点で存在していたことなどを確実に証明できる、ほぼ永久的な記録として保持できるようになります。より高レベルな信用性・信頼性、堅牢性をもたせたいシーンなど、ジャンルを問わず、幅広い活用が可能な記録手段となるでしょう。

やや手法としては特殊な操作に感じられるかもしれませんが、トランザクションにはこうした応用可能性もあるのです。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像は写真素材 足成より)