トランザクションは生成で終わりじゃない!承認の仕組み|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  トランザクションは生成で終わりじゃない!承認の仕組み

トランザクションは生成で終わりじゃない!承認の仕組み

2019.01.28

コラム

トランザクションは生成で終わりじゃない!承認の仕組み

トランザクションはどうやってブロックチェーンに記録される?
従来の一般的なWebサービスや社会サービスが、事業者側の都合に従って設計・提供され、ユーザーはそのルールや仕組みの中で利用するしかない、いわば中央集権的なかたちとなっていたのに対し、ブロックチェーン技術は、そうした特権的管理者を置かず、非中央集権的な、ネットワークに参加する皆で支え合って維持・運用する、透明性と信頼性の高い仕組みを構築することができる優れた概念技術です。

このブロックチェーンを基盤技術に成り立っているのが、仮想通貨(暗号通貨)のシステムであり、親和性や一般関心度の高さから、現在とくに先行して市場が成長している状況にあります。ブロックチェーンの応用可能性はきわめて高く、今後も大いなる広がりが予想されており、暗号資産関連の市場もまた、さらに成熟した市場、独自経済圏の創出を続けていくでしょう。

仮想通貨のシステムにおいては、トランザクションの内容をよく理解することが、仕組み全体を整理して把握するポイントとなるため、これまでにも解説を重ねてきました。トランザクションが何で、どのような構成となっているかは、およそ理解できたかと思われますが、そのライフサイクルについては、まだ理解できていない部分も多いかと思います。

トランザクションは生成すれば成立、完了というものではありません。世界中から投げ込まれる取引データとしてのトランザクションが、どのようにブロックチェーンへ記録されていくのか、今回はその点についてみていきましょう。

キャスティングされてから承認されるまで
トランザクションは、送金取引の記録を書き込んだデータであり、コインの価値移動を示すものです。生成時点のそれは、送金の支払い元による取引実行の意思表明であり、「このアドレスにこの量のコインを送ります」という宣言になります。

取引が完了しても実際に起こることは、仮想通貨の場合、そのコインを自由に動かせる権利の移転ですから、現時点では自分が持っている権利を手放し、相手に渡すことを希望するので、手続きをお願いしますと発言したことになりますね。

この生成という取引前段階で、依頼として投函(キャスティング)された新しいトランザクションは、まず「トランザクションプール」と呼ばれる一時貯蔵庫のようなところに保管され、検証・確認作業待ちの状態になります。

ブロックチェーンに記録するための、どのブロックにもまだ属しておらず、取引も開始を待っている状態です。ここで関わってくるのが「マイナー」になります。マイナーは、プールされているトランザクションの中から、好きなものを選んで、正統なものかどうか検証する作業を実行します。

マイナーは、そのブロックチェーンネットワークに参加する人であれば、誰でもなることができ、膨大な計算が必要ですが、他の参加者の誰よりも早くその作業を正確に行い、条件を満たす結果を得ることに成功すると、報酬を受け取ることができます。

管理者のいないブロックチェーンネットワークでは、有志ボランティアに、大量の負荷がかかる計算リソースの提供を求めていては運用が続かなくなってしまいますから、この報酬(インセンティブ)を設けることで、マイナーが自主的に飛びついてくる仕組み、競争原理を働かせて、継続的運用を可能にしているのです。

報酬は取引手数料で支えられ、マイニングが成功して検証終了となると、それに続く参加者らの確認作業は計算としても容易でスピーディーに進みますから、ネットワークの伝播を通じて正しさが保証されていくかたちになります。

よって、マイニングが成功したトランザクションは、プールされた未承認状態を脱し、複数が集められて、新しいひとつのブロックに格納され、ブロックチェーンに組み込まれることとなるのです。

こうしてブロックチェーンへとトランザクションが記録され、さらに後ろへ新しいブロックが鎖状に続いていくことで、ネットワークにおける承認数が増え、皆が正しいと認める確実なデータとして保管されていきます。

承認を得てはじめて取引実行・成立に
先に、トランザクションの生成時点では、取引の開始を宣言しただけ、支払い元による意思表明の段階と説明しました。では、こうしてみてきたトランザクションのライフサイクルにおいて、度の段階で取引成立となっているのでしょう。

答えは、マイナーによる検証作業が終わり、ブロックチェーンに新規追加されるブロックへの格納が決まったタイミングです。属するブロックが決定し、ブロックチェーンに記録されるところとなってはじめて、その取引は承認を得たと表現されるようになり、内容としても成立・実行となります。

トランザクションプールにある間は、まだ所有権などの確認が取れていない未承認のトランザクションで、成立と認められていません。承認されると、そのトランザクションは二重支払いを防止するため、このプールの中から削除される仕組みになっています。

取引に関わる場合には、ぜひこのことに注意し、“送金”のトランザクションを生成したというだけで、やりとりが完了したと誤解しないようにしてください。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像は写真素材 足成より)