仮想通貨を安全に管理!ハードウェアウォレットのススメ|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  仮想通貨を安全に管理!ハードウェアウォレットのススメ

仮想通貨を安全に管理!ハードウェアウォレットのススメ

2019.01.18

コラム

仮想通貨を安全に管理!ハードウェアウォレットのススメ

より安全な暗号資産管理・運用を!
ブロックチェーンを基盤技術とする仮想通貨(暗号通貨)は、現在すでに膨大な数のコインが生まれ、きわめて多くの流通量を誇るメジャーな存在となったものから、今後の成長が大いに期待されるもの、将来性の高いプロジェクトなど、さまざまなタイプが登場し、市場の活況を支えています。

その人気と注目度は、多領域での応用が見込まれるブロックチェーン技術においても先行している分野となっており、引き続き普及・成長を続けて、近未来の社会を作っていくと考えられます。

こうした動きを受け、すでに仮想通貨の利用・資産運用を始められている方、まだ始めてはいないけれど高い関心をもって情報収集にあたっているといった方も多いことでしょう。そうした方にとって、仮想通貨の安全な資産管理は、きわめて重要な問題であり、昨今の主要関心事になっているのではないでしょうか。

国内でもコインチェックの事例など、ハッキング被害による仮想通貨・暗号資産の大量流出事件が発生しています。海外に目を向けても、同様の事件はあらゆる規模で発生・報告されており、被害の広がりが問題となってきました。

取引所などの対応も早急に求められるところですが、利用する個人としても、対策を急がねばなりません。全資産の消失といった最悪の事態を防ぐには、ウォレットの知識がポイントで、コールドウォレットの活用が有効です。

コールドウォレットにもいくつか種類がありますが、中でもハードウォレットの使用をお勧めします。今回はその理由と具体的な活用方法について、解説しましょう。

なぜハードウォレットか?
仮想通貨のウォレットには、仮想通貨そのものが入っているのではなく、やりとりする際に必要な暗号鍵とアドレスの生成・管理機能がセットされています。暗号鍵にはペアになった秘密鍵と公開鍵があり、公開鍵はその名の通り公開されるものですが、秘密鍵はその生成のもととなるもので、本人以外に情報が絶対知られてはならない重要なものです。

ウォレットはしばしば銀行口座のようなものと説明されますが、その文脈ならば秘密鍵は暗証番号にあたります。秘密鍵は仮想通貨のような暗号資産とその所有者を結びつける根拠、証明になる唯一のものであり、これによる電子署名で取引が成立しているのです。

裏返していうと、秘密鍵を手に入れた人は、本人でなくともその資産をいくらでも自由に動かすことができてしまうということになります。ですから秘密鍵の取り扱いは慎重に行わねばなりません。

ホットウォレットと呼ばれる、常時インターネットに接続されたウォレットは、素早く電子署名が可能で、ブロックチェーン上のデータにも直接アクセスできるなど、日常的に利用する上では非常に利便性が高い一方、常に攻撃の脅威にもさらされているため、秘密鍵の管理におけるリスク、本人認証の部分での脆弱性がデメリットとしてあります。

これに対し、コールドウォレットはネットワークから完全に切り離し、オフライン環境で管理するタイプのウォレットであるため、取引の利便性は落ちますが、不正アクセスやハッキングのリスクを大幅に低減させられるメリットがあります。ホットウォレットを用いるにしても、その対象は資産の一部とし、まとまった資産の保管はコールドウォレットで行うのが望ましいでしょう。

先述のようにコールドウォレットにも種類があり、ハードウェアウォレットの他には、紙に印刷して保管するペーパーウォレットや、鉄、メタルプラスチックといった素材を用いる物理ウォレット、データとして脳だけで記憶・保管するブレインウォレットといったものがあります。

ペーパーウォレットや物理ウォレットは、まさに現実の物理的保管において、とくに注意が必要です。窃盗や紛失、火災などによる焼失、自然災害リスクなどを考えておかねばなりません。ブレインウォレットは記憶が頼りですから、絶対に忘れないようにしなければならず、どうしても不確実性・不安定性があることを認識する必要があるでしょう。

ハードウェアウォレットのメリットと使い方における注意点
ハードウェアウォレットも、物理的な媒体としての管理に十分注意する必要がありますが、多くがUSBメモリ程度の大きさの専用デバイスで、コンパクトな仕様となっており、手元で厳重な保管・管理を行いやすいメリットがあります。

秘密鍵はそのハードウェアの中に保存されていますから、ブレインウォレットのような“忘れる”リスクもなく、外観的に見ただけでは何の情報も得られません。そのため安全性が高く、使用する際も、未署名のトランザクションに対し、オフラインで電子署名処理を実行できますから、秘密鍵を外部のオープンなネットワーク上に一切さらすことなく、攻撃リスクを回避して取引が行えます。

他のコールドウォレットのように、情報を毎回手打ちしなくて良い利便性もあり、比較的手間がかからない点も優れているところですね。ウォレットの利便性とセキュリティ・安全性は、およそトレードオフの関係にありますが、ハードウェアウォレットは中でもバランスの良いタイプに位置すると考えられます。

ハードウェアウォレットを使う際の注意点としては、まず購入する際に、必ず信頼のおける公式サイトや正規代理店から入手することが挙げられます。これはハードウェアウォレットのデバイスそのものにウイルスや、第三者がアクセスできる設定が仕組まれていることがあるからです。安価に販売してばらまき、これを悪用して資産を詐取する事例が報告されています。正規のルートで、安全が保障される正規品を購入して使いましょう。

またデバイスの初期設定を自分自身できちんと行うことも大切です。安全な管理のため、使い方にも慣れていきましょう。ハードウェアウォレットは通常、機器故障などの事態に備え、保存された暗号化データを簡易的に示すリカバリーパスフレーズなどが発行されるようになっています。生成・発行されたパスフレーズは必ずメモをとり、大切に保管してください。

使うハードウェアウォレットにより、操作方法の子細は異なるため、万一に備えたリカバリーについてはどう実行するのか、最初によく確認しておきましょう。

いかがでしたか。製品により対応通貨も違いますから、仕様などを含めてよく比較し、自分に合った安全なハードウェアウォレットをぜひ活用してみてください。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像は写真素材 足成より)