ブロックチェーンで人材マッチング最適化を目指すSKILL、日本MSと連携開始|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  ブロックチェーンで人材マッチング最適化を目指すSKILL、日本MSと連携開始

ブロックチェーンで人材マッチング最適化を目指すSKILL、日本MSと連携開始

2019.01.11

ニュース

ブロックチェーンで人材マッチング最適化を目指すSKILL、日本MSと連携開始

複数組織間でのコンソーシアムモデル実用化へ大きな一歩
株式会社SKILLは7日、日本マイクロソフト株式会社との事業連携を開始したことを明らかにした。SKILLのブロックチェーン技術を活かして人材ミスマッチ問題の解消を図るプロダクトに関連し、複数組織間でのブロックチェーン実装となるコンソーシアムモデルの実用化に向けた共同検証などを進める。

SKILLは、2018年6月に設立されたブロックチェーン技術関連のベンチャー企業。個人がもつスキルや職務経歴を客観的に証明し、人材市場におけるマッチングを最適化、社会の生産性向上に寄与することを目指す「SKILLプロジェクト」を手がけており、暗号通貨「SKILLCOIN」の独自経済圏創出とプラットフォーム構築を推進している。

「SKILLCOIN」では、ブロックチェーン技術を活かし、効率よく雇用のミスマッチを防いだ労働契約を企業と個人が結べるようにすることはもちろん、仲介手数料の削減と就労者の給与向上も実現させるとする。

蓄積した人材情報を活用し、スキルシェアリングやスキル向上のための教育・学習プラットフォームとしても機能させる方針で、「SKILLCOIN」を決済手段に、流動性の高いトークンエコシステムとあわせ、社会全体のスキル底上げを図っていくという。

2019年内には、サービスβ版の仕様策定と開発、公開・試運用、人材マッチングサービスのローンチを実現させていく予定で、現在はリリースするプロダクトのコアとなる機能検証を行うため、賛同する人材関連企業との業務提携の中で実証実験を行っている最中とされている。

SKILLでは、仕事に関するスキルやこれまでの職歴情報などは個人の資産であり、その情報は非中央集権的なかたちで分散管理されるのが望ましいと考えており、ブロックチェーンとの親和性を見出す。

しかしパブリックチェーンの場合、さまざまなサービス領域で用いられる情報が大量に存在し、実際の運用を考えていくと、スケーラビリティや承認コストの問題が生じてくる。そこで検討されることとなったのが、コンソーシアムモデルだ。

コンソーシアムモデルならば、ネットワークを金融や不動産、人材といったサービス領域ごとに分割して、その領域で信頼のおける企業や組織がコンソーシアムを組み、PoA(Proof of Authority)のノードとなって取り扱うようになるため、重要情報を取り扱っても安心のプラットフォームを、無駄なコストをカットしながら、無理なく構築できると考えられる。

Microsoft Azure Ethereum PoAを活用、検証へ
もちろん、コンソーシアムモデルの採用では、スケーラビリティの問題が緩和されるにとどまり、本質的な課題は残るため、引き続き最善策の検討は続けるとするが、そもそもブロックチェーンで複数のオーソリティが実際に稼働するシステムの事例自体、まだ非常に少ない状態であることから、SKILLでは日本マイクロソフトとともに共同で検証を行い、同種のブロックチェーンを活用したサービスについても、コンセプトレベルから実運用可能なレベルにシフトさせていけるよう、取り組みを進めることとした。

検証では、オーソリティの管理および責任範囲の定義、改竄耐性の評価、コンソーシアムモデルが成立するための信頼と組織数バランス、監査の仕組みの必要性など、実用化にあたって浮上すると考えられる多くの検討課題に一定の解を見出すことを目指す。

Microsoft社は、長くブロックチェーン技術の開発にも携わっており、またクラウドサービスプロバイダとしての多くの知見も有する。他に先駆け、Ethereum PoAのソリューションも「Azure」上で展開させており、検証を行うための基礎があるといえる。

SKILLが現在開発している実証実験段階のプロダクトでも、AzureのEthereum PoAを用いているといい、両社が連携すれば、インフラ構築や構成検討に新たな時間と手間を投じることなく、今後の取り組みに集中できると見込まれる。

また、Microsoftの「Azure Ethereum PoA」は、仮説検証に必要なミニマムプロダクトをスピーディに開発できる仕様ともなっており、行いたい検証に応じたプロダクトの柔軟な改変、検証実行といった繰り返しをスムーズに行える実証実験に優れた環境が確保される点も大きなメリットと説明された。

人材市場に革命をもたらす「SKILLプロジェクト」の加速度的進展はもちろん、広く社会におけるブロックチェーンのさらなる普及・活用・発展につながる可能性のある取り組みとして、今後の動向に期待が集まる。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社SKILLによるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000034771.html

「SKILLプロジェクト」について
https://skillcoin.foundation/