ブロックチェーンのウォレットとは?仕組みや管理の基礎基本|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  ブロックチェーンのウォレットとは?仕組みや管理の基礎基本

ブロックチェーンのウォレットとは?仕組みや管理の基礎基本

2018.12.12

コラム

ブロックチェーンのウォレットとは?仕組みや管理の基礎基本

ウォレットってよく聞くけれど・・・?
近年、ブロックチェーン技術を基盤とする仮想通貨に高い関心が寄せられるようになり、資産運用の一手法として活用したり、身近なサービスの決済に用いたり、さらにはビジネスの資金調達で利用されるなど、用途と市場の拡大傾向が続いています。

一方で、仮想通貨に関心はあるけれど、よく分からないことも多いと感じられている方も多いでしょう。また試しに保有してみたものの、仕組みそのものはよく分かっていないという方も少なくありません。

たとえば「ウォレット」についてはどうでしょうか。仮想通貨の流出をめぐる事件報道などで、その存在は強く意識されたものの、それが意味するところや仕組みについてまで、きちんと理解できている方は、むしろごく少数なのではないかと思われます。

そこで今回は身につけておきたい基礎基本として、この「ウォレット」とは何なのか、少し詳しくみていくこととしましょう。

お財布?さまざまなタイプのあるウォレット
ブロックチェーン領域で用いられるワードとしての「ウォレット」は、直訳すると“財布”になるように、ブロックチェーン上で取引する価値やコイン(仮想通貨)を管理するもの、保存・管理場所一般のことをいいます。

仮想通貨をはじめとする実体のない電子的価値をやりとりするために不可欠なもので、銀行口座のようなものと考えてもよいでしょう。インターネットを介して相手に仮想通貨を送ったり、受け取ったりする際に必要なもので、これを使用することでスムーズな決済や送金、価値交換などが実現されています。

ウォレットのタイプとして2つに大別すると、インターネットに接続された状態で用いるホットウォレットと、オフラインで管理するコールドウォレットがあり、セキュリティ面と利便性の観点から、それぞれにメリット・デメリットがあります。これについては、また別の項で詳しく説明します。

利用面からいうと、事業者らが運営する取引所などのオンラインサービスを通じて利用できるものや、スマートフォン向け/PC向けアプリとして提供されるもの、USBやカードなど専用デバイスのかたちをとるものなどがありますが、こちらもそれぞれに特徴があり、長所・短所があります。

事業者ベースの場合、およそ仕組みを意識せず、簡単に利用できますが、事業者都合でサービス提供が終了すると、使えなくなってしまいます。専用デバイスなど、クライアントウォレットと呼ばれる自己管理タイプで、事業者サービスに依存しない場合、ある程度知識が必要ですが、自分自身が銀行となるようなかたちで管理していくことができます。

いずれにしても、行われている処理の流れ、仕組みは同じですから、次の項ではその中身をみていきましょう。

理解のポイントは秘密鍵と公開鍵!
ウォレットを“財布”と理解すると、そのまま仮想通貨を入れている場所とイメージしてしまうかもしれませんが、実際にはそうではありません。ウォレットが管理・保管しているのは、やりとりに必要な鍵です。

ブロックチェーン上の取引で、仮想通貨をやりとりするにはアドレスが必要となります。アドレスは銀行口座でいう口座番号のようなもので、これを指定すると送金などが行えます。

取引はこれだけで行えますが、その検証には公開鍵が必要です。AさんからBさんに1ビットコインを送金した取引ならば、Aさんの公開鍵によって、Aさんがそれと対になる秘密鍵を使って確かに送金したこと、送金額が1ビットコインであること、Bさんのアドレスに送られて受け取られたことという一連の取引(トランザクション)が誰でも確認できます。

Aさんの秘密鍵使用は、このトランザクションに電子署名を行ったかたちとなっており、秘密鍵から公開鍵、アドレスという順では作成が可能ですが、アドレスからは公開鍵を求められず、公開鍵から秘密鍵を作成することができません。

秘密鍵と公開鍵、アドレスは3つでセットになっており、この順で、トランザクションごとに毎回、一方向関数で計算処理により作成されます。公開鍵とアドレスは公開されますが、秘密鍵は保有する本人、作成ユーザーのみが知り得、大切に管理すべきものとなります。

ウォレットはこの鍵の生成とアドレス、取引結果の残高を管理する役割を担い、詳細なトランザクション内容はブロックチェーンに記録されるのです。秘密鍵は本人認証の要であり、口座取引の暗証番号にあたりますから、厳重に管理することが大切です。もし情報として漏洩すると、資産が失われてしまいかねません。

ウォレットは取引ごとに秘密鍵を作成・管理し、そこから公開鍵とアドレスを計算・作成すると説明しましたが、実は秘密鍵の作成はランダムに行われているのではなく、マスターシードと呼ばれる値に基づいて生成される仕組みになっています。マスターシードは各ウォレットに固有のもので、ウォレットが異なれば、必ず違うものです。

ウォレットはマスターシードをベースとするパターンに則り、無数に秘密鍵を作成することが可能となっており、そこから公開鍵、アドレスと計算処理で生成して、ユーザーの取引を支えているのです。

当然ながら、万が一、このマスターシードが外部に漏れるようなことがあると、ウォレットごと盗まれたことになりますから大変です。マスターシードはとてつもなく大きな値でできていますから、簡単に盗み見られたりするものではありませんが、絶対に安全な環境に置かれる必要があることはいうまでもありません。

一方、逆にマスターシードがあれば、仮にウォレットを紛失しても資産を動かす権利を復元でき、リスクに備えられるともいえます。そのためこのマスターシードを人間が管理可能な暗号値に変換し、呼び起こす鍵とするパスフレーズを提示する仕組みも、通常のウォレットには備わっています。

パスフレーズを用いるのは、ウォレットを回復する非常時のみですから、絶対にデジタルデータでは残さず、紙媒体など安全で確実に管理できるところに記録しておきましょう。

いかがでしたか。ウォレットの仕組みや注意点が理解できたでしょうか。取引所を使っていて、秘密鍵を用いた処理が表面上見えなくなっていても、バックグラウンドで行われていることは同じです。仕組みからリスクも理解し、賢く活用してくださいね。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/

(画像は写真素材 足成より)