無料のDAppsをイーサリアムで!「Ethless」事前登録がスタート|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  無料のDAppsをイーサリアムで!「Ethless」事前登録がスタート

無料のDAppsをイーサリアムで!「Ethless」事前登録がスタート

2018.11.23

ニュース

無料のDAppsをイーサリアムで!「Ethless」事前登録がスタート

volvoxが開発ツールの事前登録受付を開始
ブロックチェーン関連のツールやサービス開発を進める株式会社volvoxは19日、イーサリアムのDApps利用で必要となるユーザー手数料を無料化し、EOSのような仕組みを容易に実装させることができる専用ツール「Ethless」の事前登録受付を開始すると発表した。

イーサリアム(Ethereum)は、分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームや、関連するオープンソース・ソフトウェアプロジェクトのことを指し、現在、多様な方面での開発が積極的に進められている。

イーサリアムの場合、P2Pのイーサリアム・ネットワーク上でスマートコントラクトの履歴をブロックチェーンに記録していく仕組みで、チューリング完全なプログラミング言語をもっており、参加者は任意のDAppsやスマートコントラクトをブロックチェーンに記述、実行することができるようになっている。

全体に開発環境としては整っているが、ユーザーがDAppsを利用する際に手数料がかかってしまう点がネックで、ユーザーにイーサリアムをもたせなければならないなど、ユーザービリティの低下が生じやすく、開発後の検証や拡散性・スケールに課題があるとされている。

このイーサリアムにおける手数料問題を解決するためには、さまざまな手法が考案されており、多くの提案があるが、中にはそもそもの利点である分散性を著しく欠くものや、依然開発段階で先が見えていないものも多い。

イーサリアム自体から離れ、同様の仕組みでより処理速度の速さとトランザクション手数料の無償化を実現した仮想通貨であり、ブロックチェーン・プラットフォームであるEOS(イオス)への注目も高まりつつあるが、すでに普及が進んでいるイーサリアムで手数料の無償化が実現できれば、その意義や価値は十分に大きなものがあるだろう。

分散性を維持し、手数料の支払い元だけをプロバイダへ移行!
こうした背景で生み出されたツールがvolvoxの「Ethless」だ。「Ethless」を用いれば、自らが開発したイーサリアムベースのDAppsについて、手数料を無料とし、ユーザーにイーサリアム保有を必須とせず、利用してもらえるようになる。

仕組みはこうだ。ユーザーはAPIサーバー事業者(プロバイダ)に自分の身代わりとなるサブコントラクトを作成してもらい、その所有権を保有する。これを介し、サブコントラクトを送信者にイーサリアムネットワークを利用するため、ユーザーに手数料が課されなくなる。

仮に事業者がサポートを止めても、直接サブコントラクトを呼び出せるので、トラストレスで安心して利用できる環境は確保される。サブコントラクトが不要になれば、ユーザーはその時点で自分のアドレスにアセットを移すことができるとされる。

このように手数料の支払い元だけがサービスプロバイダに移行したかたちとなるため、分散性は一切犠牲にならない。開発者にとっても、数行のjavascriptコードを追加するだけで利用でき、デプロイ済みのスマートコントラクトはそのまま使えるため、手間を最小限に導入・活用できるという。

volvoxでは、この「Ethless」の具体的ユースケースとして、分散型ゲームとDAppsの検証を挙げる。分散型ゲームでは、ユーザーがゲーム内アセットを自分の管理下に置き、ブロックチェーンのメリットを活かして楽しめるが、これまでのようにユーザー自身が計算処理に必要となるイーサリアムをあらかじめ用意しなければならないとなると、ユーザー離脱を招きやすい。

しかし処理手数料代をプロバイダが負担する仕組みを「Ethless」で導入すれば、従来のゲームのような気軽に楽しめる体験を広く提供できる。

また、テストネットでのDAppsの検証においても、従来はユーザーにテストネット用イーサリアムをウォレットに入れてもらわなければならず、この手間がハードルとなってうまく進められない、無駄なコストがかかる問題があった。

ここに「Ethless」を用いれば、ユーザーの手間をカットし、DAppsをすぐに利用してもらえるようになるため、素早く仮説検証が実行できるようになると考えられる。

このほかにも、さまざまなDApps開発で有用に使えると見込まれ、「Ethless」により市場全体の活性化やさらなる普及浸透も期待される。事前登録は公式サイトから実行可能だ。関心のある人はまず一度チェックを。

▼DApps総研
https://dapps-info.com/


▼外部リンク

株式会社volvoxによるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000039520.html

「Ethless」 公式サイト
https://ethless.v4x.co/index.ja.html