「eMusic」、明治大学ブロックチェーン研究会と共同でミートアップを開催|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  「eMusic」、明治大学ブロックチェーン研究会と共同でミートアップを開催

「eMusic」、明治大学ブロックチェーン研究会と共同でミートアップを開催

2018.11.13

ニュース

「eMusic」、明治大学ブロックチェーン研究会と共同でミートアップを開催

CEOのTamir氏やCFOのMichael氏が登壇
ブロックチェーンプロジェクト専門の総合プロモーションカンパニーであるBaseLayer株式会社が、日本でのマーケティング・パートナーシップ契約を結ぶ「eMusic(イーミュージック)」に関し、明治大学ブロックチェーン研究会と共同でミートアップを開催したと、11月9日に発表した。

今回のミートアップでは、「eMusic」のCEOであるTamir氏やCFOのMichael氏などが登壇し、ブロックチェーン活用の新たな音楽の在り方や、新しい音楽業界創りについて語った。ビジネスパーソンに加え、明治大学の大学院生などおよそ60名が参加、その取り組みに大きな期待が集まったとしている。

公平に収益を分配し、アーティストも収益を最大化が可能
ストリーミングでアーティストに収益が発生するためには、非常に多くの再生回数が必要。例えばYouTubeで240万回再生となって初めて最低賃金を稼ぐことができる。

「eMusic」では、ブロックチェーン技術を活用することで、アーティストや曲の権利を持っている人の収益を最大化することに加え、印税収入を音楽が売れた瞬間に受け取れるようになっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

BaseLayer株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000031637.html