「eMusic」が音楽業界の透明化に日本語版ホワイトペーパーを公開|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  「eMusic」が音楽業界の透明化に日本語版ホワイトペーパーを公開

「eMusic」が音楽業界の透明化に日本語版ホワイトペーパーを公開

2018.10.30

ニュース

「eMusic」が音楽業界の透明化に日本語版ホワイトペーパーを公開

アーティストなどに適切な利益を ブロックチェーンで改革
ブロックチェーンプロジェクト専門の総合プロモーションカンパニーであるBaseLayer株式会社が、日本でのマーケティング・パートナーシップ契約を結ぶ「eMusic(イーミュージック)」について、音楽業界の透明化に向けた日本語版ホワイトペーパーを公開したと、10月29日に発表した。

従来のストリーミングサブスクリプションを主体とする音楽業界では、一部の者だけに利益が保証されるため、アーティストやソングライターには適切な利益が届くことが少なかった。「eMusic」は、ブロックチェーンを活用した音楽配信を行っており、音楽業界をより自由で公平なものにするプロセスを展開。10月26日には、日本語版ホワイトペーパーを公開している。

ブロックチェーンの概要や配信ネットワークなどを公開
「eMusic」ホワイトペーパーでは、ブロックチェーンの概要や配信ネットワーク、上記のようなバランスを欠く音楽業界についてなど、様々な情報を公開し、eMusic がメジャーミュージックプラットフォームとしての業界での役割も示す。

また、主な業界用語と定義や、eMusicトークンを購入する可能性がある人向けの重要な検討事項なども記されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

BaseLayer株式会社 プレスリリース
https://www.baselayer.asia/