ソラミツとNSD、機関投資家向けの暗号資産預託サービス試験運用を開始|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  ソラミツとNSD、機関投資家向けの暗号資産預託サービス試験運用を開始

ソラミツとNSD、機関投資家向けの暗号資産預託サービス試験運用を開始

2018.10.26

ニュース

ソラミツとNSD、機関投資家向けの暗号資産預託サービス試験運用を開始

D3ledgerを共同設立し、分散型デジタル証券保管振替PFを開発
ブロックチェーンや関連ソリューションの開発を行うフィンテック・スタートアップのソラミツ株式会社は23日、モスクワ証券取引所グループの1社であるロシア連邦証券保管振替機関(National Settlement Depository・以下「NSD」)と共同でD3ledgerを設立、分散型デジタル証券保管振替プラットフォームの開発を行ったことを明らかにした。これをもとに、機関投資家向けとして提供する、仮想通貨などの暗号資産にかかるグローバルな預託サービスの試験運用をスタートさせたことも発表している。

すでに10月16日には、AddCapital Investment Fundが同サービスの試験利用を開始しており、今後の広がりも期待される。このサービスのブロックチェーンサーバーは、現時点でNSD、KDD(スロベニア証券保管振替機関)、Lykke(スイスの仮想通貨交換所)に設置されており、この3つが構成ノードとなっている。

利用されるブロックチェーンは、ソラミツが独自に開発したブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」。高性能でスピーディな取引を可能にするビザンチンフォールトトレラント・コンセンサスアルゴリズム(YAC)が採用されている点などが特徴で、導入やメンテナンス面を容易にしつつ、分散台帳技術に基づいた資産のトークン化を効率よく、高いユーザビリティを確保して実現、信頼性とセキュリティの高さもポイントとしている。

共同設立されたD3ledgerでは、このソラミツがオリジナル開発者となり、オープンソースコミュニティによって構築されてきた「Hyperledger Iroha(いろは)」のブロックチェーンを活用して、これまでにないセキュアな分散型の預託決済サービスを提供していく。D3ledgerのネットワークの場合、ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」がYACを採用しているため、1日に2,000,000件以上の保管と決済の処理が可能になっているという。

仮想通貨など新たな暗号資産の投資家にとって、より安全で効率的な成熟した環境を構築、多様な国の規制にも正しく対応し、プロ向けの金融市場を支える強力なソリューション提供を進めることを目指していく方針だ。

ソースはGitHubで公開、鍵の紛失時も安心の所有権保護付き!
D3ledgerネットワークによる分散化の実現で、仮想通貨の投資家や金融仲介業者は、高い透明性のもと、システムダウンのリスクを限りなくゼロに近づけてスムーズな取引が行えるようになるほか、新たな地域への拡張も容易になる。

ネットワークを通じて各所有者は確実に識別され、それぞれの所有権が安全に守られること、パートナーのいずれかが破産したといった場合でも所有権の記録情報が確実に保持されることといった安全性のメリットも得られる。暗号鍵の紛失時でも、仮想通貨やトークンなど、デジタル金融資産が消失することなく回復されるため、不安が少ない。

ブロックチェーンのネットワークは、運営委員会と投票手続きを通じ、安全かつ公平に管理されていくことから、十分な安定性と信頼性も確保される。

D3ledgerのソースはGitHubで公開されており、誰でもアクセスすることが可能だ。ちなみにLykkeのセキュリティ監査にも合格している。

ソラミツでは、今回試験運用を開始させたサービスについて、金融機関が資産を預託する上で、分散化によるメリットを享受し、安全で理想的なかたちをとる最良の方法を提供するものだとし、今後、世界の金融機関が暗号資産の取り扱いを拡大させていくことに寄与するだろうとした。新たな市場のエコシステムを支える重要な柱になることが期待される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソラミツ株式会社によるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000019078.html