サイバーアタックから解放される未来へ。Ethereum Japan、「DFINITYミートアップ」開催|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  サイバーアタックから解放される未来へ。Ethereum Japan、「DFINITYミートアップ」開催

サイバーアタックから解放される未来へ。Ethereum Japan、「DFINITYミートアップ」開催

2018.09.25

ニュース

サイバーアタックから解放される未来へ。Ethereum Japan、「DFINITYミートアップ」開催

定員を超える熱心な参加者が集まった
一般社団法人 Ethereum Japan(イーサリアムジャパン)は、2018年9月20日、同法人が主催したミートアップ『DFINITY(ディフィニティ)ミートアップ』の開催レポートを発表した。

Ethereum Japanは、イーサリアムの認知拡大を図るべく活動を展開している法人。『DFINITYミートアップ』には、定員を超える熱心な参加者が集まり、活発な意見交換や交流が行われたという。

強固なセキュリティを構築する『The Internet Computer』
イーサリアムは、ブロックチェーン業界で第2位の市場規模を誇るプラットフォーム。多くのプロジェクトが、イーサリアムを活用した形でアプリケーション(DApps)を開発している。Ethereum Japanでは、これらのプロジェクトがどのような未来を創造していくのかを注視すべく、定期的にミートアップを開催。『DFINITYミートアップ』も、その一環として開催された。

同ミートアップで紹介されたDFINITYは、分散型ランダムビーコン技術を実装したシステムにより、非常に強固なセキュリティを構築する『The Internet Computer』を開発している。『The Internet Computer』は、システムダウンやハッキングの心配がないシステムを実現するというもの。デバイスやOSに関係なく利用が可能な仕様を、DFINITYは目指しているという。

ユーザーのシステム利用料金抑制も可能に
2017年には、海運大手のA.P. Moller-Maerskがサイバー攻撃を受け、3億ドルもの被害が発生した。現在もサイバーアタックの件数は増え続けており、この被害を防ぐために平均で1170万ドルもの費用が投入されているという。

DFINITYは、『The Internet Computer』によってサイバーアタック対策に必要なコストを抑制し、またユーザーのシステム利用料金抑制も可能にすることを、期待している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

イーサリアム・ジャパン
https://ethereum-japan.jp/

DFINITY The Decentralized Cloud
https://dfinity.org/

OS間を超えた未来のThe インターネットコンピューターで、1170万ドルものサイバーアタック防止予算が不要に - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/