今こそ注目したい!Dappsの現状と将来|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  今こそ注目したい!Dappsの現状と将来

今こそ注目したい!Dappsの現状と将来

2018.09.06

コラム

今こそ注目したい!Dappsの現状と将来

広がり始めたDapps
私たちの生活は、インターネットの登場によって大きく変化し、スマートデバイスの進化やクラウド、アプリの普及を通じて、さらにさまざまなサービスが利用しやすい環境が整うことで、現在のようなかたちが生み出されてきています。いまやその利用が意識されることもないほど、アプリサービスは身近なものとなり、ビジネスでも、プライベートな生活でも、不可欠なツールであり、社会や世界とつながる窓口になっているでしょう。

しかし、こうしたアプリ全盛の現在もまた、近い将来には大きく様変わりする可能性が出てきています。その鍵となるのがDappsです。Dappsは「Decentralized Application(分散型アプリケーション)」と呼ばれるもので、これまでのアプリのように中央集権的な管理主体、サービスの運用主体をもちません。

中央サーバーに管理されることもなく、ブロックチェーン技術によって、オープンなネットワーク全体に広がるコミュニティで分散化し、共同管理する形態をとることから、不正・改竄や外部攻撃、障害に対する強さと、高い透明性をもった仕組みを構築できます。

アプリケーションとして可用性が高く、より民主的に、安全で安定したサービスとして、幅広く利用できるようになるなど、これまでのアプリに潜んでいたリスクやデメリット、問題点を解消できることから、次世代のスタンダードとして期待されているのです。そこで今回はこのDappsについて、現状と今後の見通しなどをご紹介しましょう。

誕生したばかりで今なお技術は発展途上
Dappsは、そのソースコードが公開され、ユーザーのコンセンサスによって改良・適応も進められていきます。誰もが過去の情報を参照でき、特定のユーザーや集団が支配することなく、自発的な参加によって運用・維持がなされていく特徴があります。

すべてのやりとりは、公開されたブロックチェーン上に記録され、たとえ本人であっても勝手に編集を加えたり、削除したりすることはできません。この不正・改竄が事実上不可能な仕組みで、不特定多数がトラストレスで利用しても、互いに真正性を確保し合えるようになっています。

運用を支える更新・承認検証作業などを担うユーザーには、暗号トークンでの報酬が与えられ、管理者による不透明な手数料などは完全にカットした、効率的で透明度の高い新たな経済圏で全体が回転していきます。

さらに、こうした主にブロックチェーン技術に由来するメリットと、スマートコントラクトを組み合わせ、集中的な管理ポイントを置かなくとも、効率よく自律的に、安価で高速に処理動作を完了できるものとしているのも、Dappsの特徴です。

Dappsは本来、これらの定義をすべて満たすものですが、現状では厳密な意味でそのように構成され、運用・利活用が進んでいるものはきわめて少なく、ほとんどのDappsである種の管理者的存在がみられます。

アプリケーション全体がブロックチェーンのみで開発され、その上で動作しているものは稀で、一部に既存技術を用いている、ブロックチェーンとこれまでの実績がある比較的一般的な技術の併用により成立しているケースがほとんどなのです。

成長と普及による真価の発揮はこれから!
Dappsに秘められた可能性と、それによって社会に還元されるメリットはきわめて大きなものとなることが予測されますが、関連技術や開発手法、リソース・環境など、あらゆる面でDappsはいまだ発展途上の段階にあり、これからさらなる進化を遂げていくであろう存在です。

現状でDappsと呼ばれているものは、厳密な意味でのDappsというより、ブロックチェーン技術も導入するようになったアプリ、対応を開始した先駆的アプリといった方が適切かもしれません。

しかしソースコードもデータもオープンであるといった特徴や、データを所有する本人の資産として確実に守りながら取り扱い、永続性や安定性、透明性をもったものとする特徴などは多くのDappsが満たすようになっており、それによって、これまでのアプリにない価値を創出、各領域のサービスで力を発揮させるといった実用化例が報告されてきています。

ビットコインはDappsの一例で、すでにさまざまな革新をもたらし始めているでしょう。また、スマートコントラクトの仕組みがすでにあり、柔軟な構築・実行が容易なイーサリアムベースでは、とくにDappsの開発が盛んで、ゲームやメディア、ストレージサービス、取引所、著作権管理などの領域を対象としたプロジェクトが生まれています。

Dappsが十分な成長を遂げ、完全な非中央集権型をとる分散型アプリケーションとして確立されるとともに、それが人々に受け入れられ、開発や利用が加速度的に進み普及する未来は、まだ少し先のことになるかもしれません。

しかし見込まれるメリットと可能性が大きい技術の進化と発展スピードは予想以上に速く、あっという間に現実社会を変えていくことも、すでにこれまでの歴史が示していますから、Dappsが拓く新たな時代もそう遠い未来のことではないでしょう。ぜひ今後の動向に注目してみてください。

(画像は写真素材 足成より)