分散型取引所とは?一般仮想通貨取引所との違いをチェック!|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  分散型取引所とは?一般仮想通貨取引所との違いをチェック!

分散型取引所とは?一般仮想通貨取引所との違いをチェック!

2018.08.30

コラム

分散型取引所とは?一般仮想通貨取引所との違いをチェック!

取引所はどれも同じ?
将来性への期待はもちろん、投資としての魅力の高さなどから、仮想通貨取引に関心をもつ人が増えています。この仮想通貨取引には取引所が不可欠で、参加者の増加とともに新興の取引所も多くなってきています。

重要なのは取引の中身で、取引所なんてどこを使っても似たようなもの、どこを選んでも同じと思っていませんか。実は取引所には大きく分けて2種類のタイプがあり、一般的な中央集権型の仮想通貨取引所と、分散型取引所と呼ばれるものがあります。

とくに後者の分散型取引所は、Dappsの主要な応用事例としても注目され、今後主流になっていく可能性が高いとも目されていることから、ブロックチェーンや仮想通貨に関心のある方なら、このワードをどこかで目にされたこともあるのではないかと思います。

しかし言葉としては知っていても、実際のところ何が違い、どうすごいのか、正しく理解している方はごく少数でしょう。そこで今回は、一般的な仮想通貨取引所と、分散型取引所はどう違うのか、詳しくみていくこととします。

分散型取引所とは?
国内外を問わず、現在存在する仮想通貨取引所のほとんどは、中央集権型に分類される取引所です。仮想通貨の取引所に限らず、これまで私たちのリアルな生活に根付いてきた取引所、証券取引所や為替市場などもすべてこの中央集権型です。

では分散型取引所とは、どのようなものなのでしょうか。分散型取引所はDecentralized Exchangeの訳による名称で、頭文字をとり、通称「DEX(デックス)」と呼ばれています。“de”という否定の接頭辞が示すように、非中央集権的であること、中心となる管理・運営主体が存在しないことが、このタイプに分類される取引所の最大の特徴です。

DEXはブロックチェーン上に構築され、Dappsとして分散型の仕組みをとっています。やりとりにおいては、第三者となる仲介者がはさまれることがなく、売買を希望する個人対個人(P2P)の直接取引で進められ、提供されるのはその取引の場のみということになります。

全体を管理する特定の主体が存在しませんから、中間マージンをとられることはありません。秘密鍵やその他個人情報もすべて自己管理となり、管理者やサーバーへの利用登録は不要で、匿名による安全性の高い取引が行えます。

ブロックチェーンの技術概念を活かすことで、高いセキュリティのもと、トラストレスな直接取引が可能となっており、取引の内容はたとえ本人であっても、勝手に削除したり変更したりすることはできません。

一方、特定の管理・運営主体が存在すると、その主体は特別の権限をもっていますから、取引に関し内部不正を働くリスクがあると考えられます。また、ユーザーはその主体を信頼し、取引所として利用するわけですが、その事業者側都合により、突然取引が停止されたり、破綻してサービスが提供されなくなったりするリスクもあります。最悪の場合、取引のために預けている資産が失われる可能性もあるでしょう。

分散型取引所(DEX)は、こうした従来の取引所に存在する問題点を解消し、不正・改竄を事実上不可能としたり、高い透明性をもって安定的に取引が行える場を確保したりすることを可能にした点で画期的なものとなっているのです。

DEXは外部からの攻撃にも強い!ただしそれぞれにメリット・デメリットも
分散型取引所は、ブロックチェーン上にあるもので、それぞれの参加ノードが同じ地位にあり、互いに真正性を保証し合っているため、ネットワークとして特異点がなく、仮にどこかが攻撃を受けたり、災害などによる故障を発生したりしても、その他の部分から元のデータが復元され、運営・取引が絶え間なく維持されます。

一方、中央集権型の取引所では、近年の報道などからも分かるように、中央がサイバー攻撃を受け、利用者の資金が流出してしまう、盗難被害に遭うといったことがあり得ます。補償や取引停止時状態の復元といった措置がとられることもありますが、確実とはいえず、また復旧までの間、取引できない期間が生じてしまうでしょう。

このように、DEXは内部不正リスクを低減するだけでなく、セキュリティ面で外部攻撃に対しても強さを発揮します。そうして得られる安心感と、ゼロダウンタイムで動くシステムの強さは大きなメリットとなります。

もちろん中央集権型取引所にもメリットがあり、分散型取引所のデメリットもあります。現時点でのメリット・デメリットを簡単にまとめれば、中央集権型取引所の場合、利用者が多く仮想通貨の流動性が高いため、好きなタイミングでの取引がしやすい状況にあること、初めてでも使いやすいものが多いことなどがメリットとなっています。

デメリットは、先述のように秘密鍵や資産の管理を一任することとなるため、ハッキングのリスクや内部不正のリスク、運営者の倒産による取引停止リスクなどが主なものです。

分散型取引所のメリットは、中央集権型取引所のもつリスクを回避できる点で、高い透明性と安定性、対改竄性、セキュリティの強さなどが挙げられます。デメリットとしては、まだ知名度や利用ユーザー数が限られることから、取引量がやや少なく流動性が低い点、ブロックチェーンを用いるためマイナーへの手数料が場合によっては高くなる点が考えられるでしょう。

しかしこれらのデメリットは、今後の技術開発や社会状況の変化により、改善されていく可能性もあります。現在、よく知られている分散型取引所としては、イーサリアム・プラットフォーム「ERC20」を用いたトークン取引に対応する「EtherDelta(イーサデルタ)」、イーサリアムベースで決済API機能を有する点に特色がある「Kyber Network(カイバーネットワーク)」、ビジネス・フィンテック用途での開発が進むBitsharesのブロックチェーンに構築された「Openledger(オープンレッジャー)」などが挙げられます。

そもそもの仮想通貨がもっているブロックチェーン由来の良さを、取引所が損なわせることとなっては元も子もありません。そう考えれば、特定の管理主体が存在し、中央集権的な仕組みである取引所より、分散型取引所の方が性質として適し、今後主流となっていく可能性は十分にあります。ぜひ基礎知識を身につけ、動向を注視してください。

(画像は写真素材 足成より)