期待のDapps、考えておきたいデメリット|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  期待のDapps、考えておきたいデメリット

期待のDapps、考えておきたいデメリット

2018.08.17

コラム

期待のDapps、考えておきたいデメリット

世界を変えるDapps、特徴をよく理解しよう!
ブロックチェーン技術やそれを基盤技術とする暗号通貨(仮想通貨)が話題となる中、「Dapps」というワードにも注目が集まり始めています。少しIT技術関連に関心のある方なら、目にしたことがあるであろう「Dapps」は、今まさに開発者や先進的実業家が注目するホットな領域であり、今後世界を大きく変革する可能性のあるものです。

Dappsは、ダップス/ディーアップスと呼ばれ、Decentralized Applicationsの略称から生まれた言葉です。日本語でいえば分散型アプリケーションとなります。皆に公開されるオープンなソースコードで書かれ、特定の管理主体をもたない非中央集権的な設計となっており、自律的オペレーションで運用されていく点、ブロックチェーンの概念や仕組みを採り入れ、流通可能なトークンが用いられていること、それが参加ユーザーに報酬として支払われる点などが主な特徴といえます。

こうしたこれまでのアプリケーションにはない特徴をもつことから、高い透明性や安定性、ハッキング攻撃などへの耐性の高さ、不正・改竄がきわめて困難で、効率よくゼロダウンタイムの仕組みを構築できるといったメリットがあります。

応用範囲も非常に広く、アプリとしてさまざまなシステムに用いていくことができるため、既存のアプリの多くがDappsに置き換わっていくほか、これまで実現できなかったサービスも多数実用化されていく、新たな価値が創出されていくだろうと期待されているのです。

しかし、世のすべてのものには、メリットがあればデメリットもあります。Dappsもまた例外でなく、得られるメリットに比べれば非常に限定的であるものの、問題点がないわけではありません。そこで、今回は高い期待の寄せられるものだからこそ、今のうちに知っておきたいDappsのデメリットについて解説します。

Dappsで懸念される“スケーラビリティ問題”とは?
先述のように、分散型アプリケーションであるDappsはブロックチェーン技術を用いています。そのためブロックチェーン技術分野における最大の懸念点、スケーラビリティ問題と無縁ではなく、これが主なデメリットとして挙げられます。

ブロックチェーンでは、取引履歴のデータや連結データの暗号化した要約結果、動作情報といったものが「ブロック」と呼ばれる塊に記録されていきます。そしてこのブロックが次々に新しく生成され、経時的にチェーンをなしてつながる仕組みとなっているのですが、ここでのブロックはサイズが一定に決まっています。

サイズに上限があれば、書き込める取引データ(トランザクション)の容量も決まってくることになり、その容量を超える取引や動作が重なってきた場合、記録とブロックの生成が追いつかず、処理に時間がかかって遅延が発生してしまうと考えられます。これがスケーラビリティ問題と呼ばれるものです。

スケーラビリティ問題が表面化すると、送金など実行すべき処理の遅延やエラー、手数料の高騰などが生じる可能性があります。

ビットコインもDappsのひとつですが、ビットコインのスケーラビリティ問題はとくに有名で、ビットコインのブロックサイズは1MBに制限されていることから、データの処理速度が他の決済システムと比べても遅く、利用が広がるにつれそもそもの利便性を損ねる深刻な問題になると指摘されています。

スケーラビリティ問題は、普及とともに大きくなっていくデメリットですから、早急に対応する必要があります。そのためハードフォークやソフトフォークの実施、ブロックあたりのトランザクションサイズを小さくするSegwitなど、さまざまな技術的解決策が日々考案されてもきています。しかし現時点では根本的解決には至っていません。

このほか、Dappsではその自律的経済圏を支えるトークンの価値が重要な鍵を握ります。トークンの価値が担保されなくなれば、報酬に意味が見出せなくなり、参加ユーザーが減少、悪循環を引き起こしてサービスそのものが成立しなくなる可能性が考えられています。淘汰の仕組みとして仕方のない面もありますが、ユーザーとして留意しておくべき、現在のDappsにおけるデメリットといえるでしょう。

いかがでしたか。Dappsやブロックチェーン自体、まだ進化の途上にある技術ですから、今後、デメリットをより完全に近いかたちで補完する手法や革新的アイデアが生まれてくる可能性は十分にあります。

加えてこれらのデメリットを考慮に入れてもなお、Dappsがもつメリットの大きさには非常な魅力があり、これまでの仕組みでは不可能だった社会的課題の解決や利便性の確保が可能になると見込まれます。デメリットには留意しつつ、Dappsの発展・普及に期待したいですね。

(画像は写真素材 足成より)