Dappsの開発を支援!日本初のAPI取引所「APIbank.jp」|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  Dappsの開発を支援!日本初のAPI取引所「APIbank.jp」

Dappsの開発を支援!日本初のAPI取引所「APIbank.jp」

2018.08.09

ニュース

Dappsの開発を支援!日本初のAPI取引所「APIbank.jp」

サイトリニューアルで本格運用を開始!
AOSテクノロジーズ株式会社は7日、ブロックチェーンで動作するDappsの開発をサポートすることを目的とした、日本初のAPI取引所「APIbank.jp」について、本格運用を開始させたと発表した。

「APIbank.jp」は、AOSテクノロジーズが今年の3月15日にβ版サイトを公開していたAPIの開発・販売、購入などが行えるマーケットプレイス。今回は同サイトのユーザーインターフェースにリニューアルを施すなどし、正式リリースとした。さまざまな業種・ジャンルのAPIを取り扱い、開発者の総合支援サイトとして機能するよう設計されている。登録APIはすでに1,000APIを突破しているという。

年内のバージョン2.0でブロックチェーンAPIをさらに強化
リニューアルの主なポイントとしては、世界の良質なAPI情報を素早く探し出し、ニーズに合うものを選択してサイト上でテストできるよう、全体デザインや会員ユーザー画面のユーザーインターフェースを改善・刷新した。

また、テスト可能なAPIのバリエーションを増やし、カバー領域を拡大させたほか、API情報を提供する記事のカテゴライズも行い、利便性をアップさせている。

AOSテクノロジーズでは、今後の予定として、10月には「APIbank.jp」をスマートフォン対応とすること、年内にリリース予定のバージョン2.0でブロックチェーンのAPIを強化し、本格的な分散型アプリケーション(Dapp)の効率的な開発を可能とするAPIの公開を進めることも明らかにした。

従来のアプリをブロックチェーンベースで構築していくDappsの開発に向けた動きは多方面で活発化してきているが、一方で、ブロックチェーンAPIによる開発は技術的難易度が高く、完成までに多大な工数がかかることが大きな課題になっている。「APIbank.jp」は、そうした現状を変革する総合サイトとなることが期待される。

取引において、仮想通貨やトークンを利用できる環境も整備する方針といい、AOSテクノロジーズでは今後、市場規模250兆円とも見込まれる本格的なAPIエコノミーの構築を支援していくとした。

(画像は「APIbank.jp」トップページより)


▼外部リンク

AOSテクノロジーズ株式会社 ニュースリリース
https://blog.apibank.jp/

「APIbank.jp」 公式サイト
https://www.apibank.jp/ApiBank/main