Dappsはなぜ有望?そのメリットをサクッと解説!|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  Dappsはなぜ有望?そのメリットをサクッと解説!

Dappsはなぜ有望?そのメリットをサクッと解説!

2018.07.05

コラム

Dappsはなぜ有望?そのメリットをサクッと解説!

分散型アプリケーションDappsの可能性
昨今は仮想通貨が投機的商品と化し、価値の乱高下やハッキング・盗難被害といった事件で注目されるなど、リスクや問題性の面ばかりがクローズアップされるブロックチェーンですが、この技術にはなお社会をより良く、そして大胆に改革する大きな可能性が秘められています。

とくに最近話題の中心となっているのは「Dapps」でしょう。ブロックチェーンを基盤技術とするこのアプリケーションは、社会に存在するさまざまな課題を解決していける力をもっています。その力はどこから来ているのか、今回は「Dapps」の魅力に迫っていきます。

Dappsとは?
Dappsとは、“Decentrailzed Applications”の略で、直訳すると中央集権化されないアプリケーション、非中央集権的分散型アプリケーションといえます。最も明快で理解しやすく、広く共有されているものとして、Dapps関連に投資を行うベンチャーキャピタルのVCファンドCEO、David Jonston氏が打ち出した定義がありますから、まずそれをベースにみてみましょう。

同氏によると、Dappsは3つの条件を満たすアプリケーションとして定義できるといいます。1つ目は、オープンソースコードのアプリで、自動化されたオペレーションが実行されており、中央集権的な管理主体をもっていないことです。また、トークン、データ、レコードなどで暗号化・分散化されたブロックチェーン技術を利用していることも特徴となります。

2つ目には、アプリケーションが独自の仮想通貨および暗号トークンをもち、それがオープンに流通可能な状態であることが挙げられ、貢献者にはその仮想通貨やトークンによって自動で報酬が与えられることが条件となっています。

最後の3つ目では、ユーザーや市場からの改善要望を受け、プロトコル改善がなされていくこと、その進化はユーザーのコンセンサスに基づくこととされました。こうした条件をもれなく満たすものこそ、完全な「Dapps」といえるアプリケーションです。

定義条件・特徴からみえてくるメリットとは?
こうした定義条件を満たすことで、Dappsはどんなメリットをもっているのでしょうか。まずDappsを動かすコードを誰もが確認できる公開状態となっていることで、透明性の高さが確保されます。

また、全体をコントロールするような中央管理サーバー、特定の管理者が存在しない点は大きなポイントです。これにより何らかのイベントが発生し、参加ユーザーのアクセス集中が誘発されても、一点に負荷がかかることはなく、サーバーダウンによるシステム全体の稼働停止といった非常事態を避けることができます。

悪意ある攻撃者からのハッキング被害で、全データが改竄されるといったリスクもなく、より堅牢で安定的な仕組みを構築することが可能になると考えられます。

特権的な力をもった管理者による不正からも免れられるでしょう。通常、私たちの生活まわりにあるさまざまな活動やサービスは、オンライン・オフラインを問わず、ほぼすべてに管理主体があります。一般的な貨幣には、信頼性を担保する国家があり、インフラサービスにはそれを提供する事業者の存在があるでしょう。一見オープンにみえるインターネット上でも、検索エンジンのアルゴリズムを握るGoogleなど、巨大企業にルール策定など特別の権限があり、ユーザーはその管理下で動くことになっています。

こうした仕組みの場合、管理者が自らの利益となるよう不当な搾取を行ったり、不都合な内容の削除や改竄といった不正を働いたりする可能性も否定できません。権力者の政治的理由によるハイパーインフレ、通貨危機の事例をみれば、それがいかに深刻な事態を引き起こしうるかも理解されるでしょう。

しかしDappsならば、中央集権的管理者やサーバーがなく、分散型で参加者同士が信頼性、真正性を担保するものとなりますから、こうしたリスクを最小限にすることができます。

管理者がなく、参加ユーザーの貢献者に自動で報酬が支払われる仕組みですから、利用に伴う手数料もなくせ、安全で無駄のない公正な取引を確実に成立させられるメリットも生じると考えられます。

そしてアプリケーションの仕様変更は、ユーザーの要望とコンセンサスによって決められていきますから、一方的な力による変更で、一部ユーザーが明らかな不利益を被るといった事態も防げ、徐々に最適な進化を遂げていくことができるようにもなっているのです。

このようにDappsでは、一般ユーザーが信頼を置くことを前提としなければならない管理主体が存在せず、そこに障害が発生すれば全システムの停止にいたるような中央サーバーといった特別な単一ポイントもないため、圧倒的な安定性と透明性、第三者による検閲や不正改竄への強力な耐性が確保されます。この仕組みが自律的に動いていく、そこがDappsの素晴らしいところといえるでしょう。

それは社会基盤として、これまでにない大きなメリットと革新を、人類にもたらしうる可能性をもっていることを示しています。今後の動向に期待したいですね。

(画像は写真素材 足成より)