中央集権から分散型へ!「DAO」について詳しく知りたい|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  コラム  中央集権から分散型へ!「DAO」について詳しく知りたい

中央集権から分散型へ!「DAO」について詳しく知りたい

2018.07.05

コラム

中央集権から分散型へ!「DAO」について詳しく知りたい

ブロックチェーン関連語は、初めて聞く単語がたくさん
仮想通貨やブロックチェーンについての理解を深めていくと、始めて耳にする単語がたくさん登場します。

ブロックチェーンに関連した単語は「DEX(分散型取引所)」や「Dapps(分散型アプリケーション)」のように、「D」から始まるものが多く見られますが、「D」から始まる単語には「DAO」もあります。今回は、「DAO」について調べていきましょう。

「DAO」とは?
「Decentralized Autonomous Organization」の頭文字をとった「DAO」は、直訳すると「分散的で自立した組織」となりますが、一般的には「自立型分散組織」と呼ばれています。

「自立型分散組織(DAO)」の「分散」には、「ブロックチェーンを利用する」という意味が含まれていますが、ブロックチェーン上に組織を運営するためのルールやソースが公開されていると、組織の中心となる存在がいなくても、公開されたルールやソースを元に組織を運営していくことが可能となります。

仮想通貨のリリースにDAOを活用したのが「Dash」です。もともとはDAOのトークンとしての存在でしたが、「Dash」が有する特徴から仮想通貨としての人気が高まり、現在では、知名度の高い仮想通貨へと成長しました。

Dashの特徴について
「Dash」の特徴としてあげられることは、セキュリティが高く、匿名性が高い通貨であることです。

「Dash」のセキュリティが高い理由としては、11種類のハッシュ関数である「X11」を使用している点です。11種類の関数を組み合わせるために暗号が複雑化することから、他者に暗号を解読されるリスクが低くなります。

また、「Dash」の匿名性の高さとは、Dashを送金したアドレスと、送金された「Dash」を受け取ったアドレスの特定が困難な点です。

「Dash」には「プライベートセンド」という技術が用いられており、送金者と受取人のアドレスを調べることが困難な仕組みとなっているのです。

そのほか、「Dash」の特徴としては、他の仮想通貨と比較すると取引承認の時間が短いために、素早く送金されることがあげられます。

実社会にも広がりを見せる「DAO」
ここまでは、DAOとブロックチェーン、および仮想通貨との関連性について見ていきましたが、DAOは、ブロックチェーンの世界にのみ適用されるものではなく、実社会にも適用されます。

そこで、実社会におけるDAOについてみていくことにしましょう。

DAOについておさらいすると、組織が中央に依存することなく、組織が単独で自立した状態で運営されることを指します。

会社などの組織をDAOとするメリットとしては、中央、つまりトップの指示を仰ぐ必要がなく、社員自身が決定権を有するため、迅速な意思決定とスピード感のある組織運営が可能となる点です。

それでは、会社組織をDAO化する場合は、どのようなことが必要となるのでしょうか。

ブロックチェーンをベースとしたDAOの場合は、組織を運営するためのルールがブロックチェーン上に記録されていますが、会社組織でDAOを実現する場合は、社員一人一人が「経営者」の視点を持つこと、そして、情報を共有するためのツールを活用することです。

社員一人一人が経営者の視点を持つためには、業務に対する知識を豊富にすることはもちろんのこと、判断力や決断力を養うことも重要となります。

そして、社員同士で業務内容を共有できるツールを導入すれば、上司の判断を仰がなくても、情報共有ツールに掲載された情報を元に判断することが可能となり、会社組織におけるDAOが実現しやすくなるのです。

時代の流れは、中央が管理する仕組みから、個々人や各組織が自立して活動することへと変化しつつあります。

中央が管理しない仕組みの通貨として、仮想通貨が広がりを見せていますが、非中央集権化は通貨の世界に限らず、今後は組織などにも広がりを見せていくのかもしれません。

(画像は写真ACより)