ブロックチェーンを活用したモバイルアプリ「Lndr」 複数通貨で債務の決済が可能に|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  ブロックチェーンを活用したモバイルアプリ「Lndr」 複数通貨で債務の決済が可能に

ブロックチェーンを活用したモバイルアプリ「Lndr」 複数通貨で債務の決済が可能に

2018.06.27

ニュース

ブロックチェーンを活用したモバイルアプリ「Lndr」 複数通貨で債務の決済が可能に

「Lndr」がバージョンアップ パートナーシップ契約を結ぶBlockMasonが
ブロックチェーンなどの海外発プロジェクトを、日本の個人・法人にマーケティングなどを行うBaseLayer株式会社が、クレジット・プロトコル イーサリアムブロックチェーンを活用した「Lndr(レンダー)」アプリについて、バージョンアップが行われたと18日のプレスリリースで発表した。

BaseLayer株式会社と、日本でのマーケティングのパートナーシップ契約を結び、同アプリの開発元でもあるBlockMasonが、「Lndr」のバージョンアップを、6月14日に実施したとしている。

20以上の通貨で債務記録・決済などが可能に 利便性が高まる
友人間の債務や借方を作成、管理、決済するためのピアツーピア費用共有モバイルアプリ「Lndr」のバージョンアップにより、世界で人気のある20以上の通貨で、借方書、貸付金又は債務を記録でき、旅行中でも債務の決済が可能となった。

また、アラビア語やヒンディー語、ハンガリー語、ロシア語などを含めた10言語のサポート機能も追加されており、利便性も大きく改善されている。バージョンアップされた「Lndr」は、iOSで8.0以降、 Androidでは4.1以降を対応機種として、「App Store」と「Google Play」からダウンロードが可能となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

BaseLayer株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp