FFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システムを構築へ|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら

TOP  ニュース  FFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システムを構築へ

FFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システムを構築へ

2018.06.27

コラム

FFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システムを構築へ

オープンソース・ブロックチェーン基盤の一つを利用して構築
九州地方における地域経済の発展から、豊かな生活につなげていくことを目指す総合金融グループの株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)が、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システムを構築すると、18日のプレスリリースで発表した。

FFGの傘下のiBankマーケティング株式会社(以下、iBank社)は今回、代表的なオープンソース・ブロックチェーン基盤の一つである「Hyperledger Fabric」を、ブロックチェーンエンジンとして利用。地域ポイント管理システムを構築していくとしている。

「myCoin」を地域ポイント管理システムで稼働へ
iBank社は、独自ポイントサービスである「myCoin」を、今回構築予定の地域ポイント管理システムで稼働する第一弾のサービスとして、2018年中に稼働することを目指していく。

これにより、事業者はブロックチェーンの拡張性の高さを活かして、柔軟かつ独自性のあるポイント発行が安価で可能になるほか、地域の個人は、たまりやすく、使いやすい、多くの魅力的なポイントサービスを提供ができるようになる。

また、ポイント発行と利用が増え、地域における購買・消費活動の活性化により、地域経済の改善にもつながっていく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ プレスリリース
https://www.fukuoka-fg.com/